HOME>初心者講座>眠らない、休まない…動き続ける為替市場!

眠らない、休まない…動き続ける為替市場!

FX取引は24時間可能

FX取引は24時間行うことが可能

FX(外国為替証拠金取引)は24時間取引を行うことができます。

外国為替市場は現在、

・ ウェリントン
・ シドニー
・ 東京
・ 香港
・ シンガポール
・ バーレーン
・ フランクフルト
・ チューリッヒ
・ ロンドン
・ ニューヨーク

これらの市場があり、24時間どこかの市場が開いているため、取引が可能になります。

世界の外国為替市場の取引時間帯

このように、月曜の朝、ウェリントン市場から取引が始まり、順々に各国の取引市場がオープンします。
平日は毎日このような順番で取引がスタートし、日本時間で土曜日の早朝、ニューヨーク市場の取引市場が閉じると、外国為替市場の1週間が終わります。

※ インターバンク市場に参加する金融機関が休みのため、土日祝日は原則取引無。

特に東京・ロンドン・ニューヨークは「世界3大外国為替市場」と呼ばれて、それぞれの地域の取引時間帯において取引参加者・取引量・流動性が非常に高まります。

外貨預金等は24時間の取引はできない。

この「24時間取引できる」というのがFXの特徴の一つでもあります。

外貨預金等の金融商品ですと、それを取り扱っている金融機関がやっていなければ取引できません。

従って、日本の金融機関がしまった夕方以降に、何か知らの事件や事故で為替市場が大きく動いても、翌日の取引開始を待つしかありません。

※ ネット証券などですと、24時間の取引が可能な場合もあります。

FXなら、世界で何かしらの事件が起きても、24時間取引できるので損失を回避することができるのです。

取引を行う時間によってトレードスタイルが変わる

前述のとおりFXが24時間取引可能なのは、24時間営業の市場があるわけではなく、世界中にある様々な市場が、その国の生活時間に応じて動いているためです。

従って、時間帯によって様々な国の参加者がFX取引を行っていることになります。

今、どこの地域が主戦場として活発化しているのかによって、相場の状況は大きく変わってきます。

自分のライフスタイルに合った取引を。

FX取引は24時間行うことができますが、だからと言って自分も24時間取引をし続ける必要はありません。

FXを始めると、相場が気になって夜も眠れなくなってしまう!という方がたまにいらっしゃいますが、それは取引の上でも逆効果です。

自分のライフスタイルをしっかりと見つめ、それに見合った取引を心掛けましょう。

夜間の為替変動リスクに備え、しっかりとした取引戦略を立てることも重要です。